ページトップ

木材製材業
柴木材 ロゴ
柴木材 私達の家造り 柴木材 こだわり 柴木材 施工実例 柴木材 現場見学会 柴木材 木材 柴木材 会社概要 柴木材 お問い合わせ
柴木材 家造り2

高温多湿な日本の気候風土に適した素晴らしい建材「木材」

私たちは伐採した原木の段階から選定を行い、原木から製材(乾燥)・出荷まで、自社にて丁寧に行っています。

一般に建材用などの木材の乾燥方法は、人工乾燥と天然乾燥の二つに分かれます。

人工乾燥は人工的に熱を加え水分を飛ばす手法です。
木材に負担がかかり、木の風合いを損なう場合もありますが、乾燥時間は短縮出来るのがメリットです。

天然乾燥は手間と時間がかかりますが、木の風合いを活かすことの出来る乾燥方法です。
当社では、建材の予算・目的に応じた乾燥方法で、製材加工致しております。

 

<木材乾燥のメリット>
①狂い木防止/木材の収縮に伴う狂い・割れ・隙間・継ぎ目の段差といった不具合を防ぎます。

②変色・腐れの防止/変色菌・腐朽菌などは、乾燥すれば殆ど発生しません。

③木材の強度を高める/乾燥するほど木材の強度が向上し、釘や木ネジの保持力が高まり、結合力が弱まるのを防ぎます。

④塗装性・加工性の向上

柴木材 家造り2

熟練の職人達が、木の反り・曲がりを一本一本見極め、適材適所に木の使いどころを決め、土台や柱などの建材を丸太より切り出し加工致します。

CAD・CAM入力・図面作成・小屋伏せ・土台伏せなどの完全自動プレカット機械加工の他に、特殊な手加工にも熟練の大工がお客様のご要望にお応えします。

当社では、人と機械がうまく融合することで、より良い製材加工を目指します。

柴木材 家造り2

長良杉・東濃ひのきは、岐阜県が全国に誇る優良な木材です。

長い年月をかけて育てられた木々は、良質な建築材として県内外で好評を得ています。当社でも、地元の建材として個人のお客様・請負元業者様にご紹介させて頂いております。



<長良杉>

岐阜県内で生産された杉を「長良杉」と呼びます。目が均等で冬目が太いため、仕上がり後の表情が豊かなところが魅力です。
一般的な杉の色調より、白太と赤身が混在した物を「源平」と呼びます。
長良杉は源平の美しさが魅力で、全国の杉の中でも、長良杉の木目の美しさは定評があります。



<東濃ひのき>

木曽五木の一つです。(正確にはそれに準ずる木)
伊勢神宮の式年遷宮では外宮の用材として使用されています。
年輪幅が2~3mmで、均一でほぼ真円です。
材質はピンクで艶があり、節が小さく、香り高い、美しい木目が特徴です。